ルピエライン

足が乾燥してしまう・・

脚の肌が乾燥すると、脚のすね部分が白く粉を吹いたようになりませんか?
特に高齢者の方や寝たきりの方は要注意です。
足の乾燥が進みひどくなれば、うろこのようなひび割れになってしまうこともあります。

 

足の乾燥の原因は、皮脂分泌が少ないためです。
同じ身体でも、背中、デコルテ、脇など、皮脂分泌の多い場所は、粉を吹いたようなカサカサ肌にはなりません。
足やすね部分は元々が潤い成分が少ない場所でもあります。
乾燥が進むほど角質が荒れてしまい、水分がどんどん奪われてしまいます。
白い粉の正体は、皮膚の角質層です。
角質層はお肌の外側にあるので、常にさらされている皮膚の部分です。
白く粉を吹いて見えるのは、角質層の表面が細かくめくれあがっているためです。

 

また、かかとは体の全体重がかかるため、年月を追うごとに角質が厚くなっていきます。
そのために皮膚が伸びにくく、乾燥するとひび割れてしまうということもあるのです。

 

血行が悪いとその部分に栄養や酸素が行き届かずに、細胞に元気がなくなってしまいます。
また、肌のバリア機能も衰えてしまうので、寒さなどの外部からの刺激にも敏感になり、皮膚はトラブルを起こしやすくなります。
血行を良くすることで、乾燥も防ぐことができるので、ルピエラインはおすすめです。